学校生活との両立

私の子供が中学受験を経験した中で大きなハードルとなったことの一つに、学校と学習塾の両立という課題がありました。

子供には進学したい私立中学があり、親である私もその意志を尊重するため、学習塾選びや講師の方と色々面談をする機会を増やして順調に受験勉強が進んでいると感じていましたが、小学校の部活や宿題に取られる時間が無視できないほどあるため、両立することが難しくなってきました。

小学校の宿題自体は難しいものではないのですが、提出する量が多いため、受験勉強に割ける時間がなくなることが心配でなりませんでした。

また、部活に関しても放課後の遅くまで活動することもあり、塾の時間に間に合わない時もあったので、私が学校まで行き塾へ送り届けるというサポートが必要でした。

中学受験では、より難易度の高い問題に触れて、応用力を伸ばすことがとても重要なので、時間がいくらあっても足りない状況に陥りますが、小学校の生活も子供の友人関係や社会性を思うと重要なので、両立しやすいように親がしっかりフォローしてあげる必要があると痛感しました。

これから中学受験を迎える方は、子供の通う小学校と受験勉強の時間を両立しやすいように働きかけ、子供が安心して受験に臨める環境を作ってあげて下さい。