費用の捻出

中学受験を迎えるお子さんがいらっしゃるご家庭では、中学受験にかかる費用はばかになりません。通塾している塾の授業料、夏期講習などの講習代、それに付随するテキスト・教材費。本番にかかる受験料や、第2志望以下の学校に合格した場合の入学金などの抑えのための費用。

一言で受験と言ってもあらゆる範囲から高額の出費が続きます。つい、ため息の一つも出そうなものですが、出費を少しでも抑える方法があります。

まず、いつにどれだけいるのかを書き出します。今、現在かかっているもの、すぐ必要な費用、1年後必要な費用、受験当日と、受験してから必要な費用。ざっと、書き出します。

そしてこれを見て、近々に必要なものをまず準備します。まだ先なものに関しては、少しでも出費が抑えられないか考えます。受験の方法や順番、受験校を考えるだけでも、いくらか抑えることができます。

今の時点で、これだけは必要だとなれば、どうすれば、費用が捻出できそうか考えます。収入を増やす努力をする、月並みですが、無駄を省き、出費を抑える、どうしてもだめなら、家族や親戚に援助をお願いする方法はいくつかあるでしょう。

まず、全体をざっと見渡すことで、費用の捻出のめどがつきやすくなると思います。